地元にはない自然に癒される!

旅の魅力としてまず挙げられるのが、地元にはない自然に癒されるということです。特に地元が都会であればあるほど自然は珍しくなります。当然ながら自然界には同じ景色は存在しないので、どの場所に行っても新鮮な光景が広がります。 美しい自然に触れることで、人によって差はありますが感動します。目の前に広がる景色に感動すると、脳がリラックスしてストレス解消効果があります。自分の中ではストレスが解消されたと感じていなくても、スッキリするのです。 また、自然というのは春夏秋冬で景色が異なるので極論を言えば何回でも景色を堪能することができます。なので一度行ったからもう終わりということではなく、違う季節に行けば違う楽しみがあります。

人の温かさに触れる!

旅先では、人の温かさを感じる場面が多いです。旅先の宿はもちろんですが、観光地のお店は旅人をもてなす精神に満ちているので心地良い接客を受ける可能性が高いです。普段地元で利用しているコンビニやスーパーではなかなか体験できない温かな接客は、心が落ち着くものです。来て良かったという気持ちになることで、旅の魅力を知って虜になるかもしれません。 そして、旅人同士でのコミュニケーションも時にはあります。大きな荷物を持った者同士がベンチなどで隣り合えば、自然と会話が始まるものです。気が合えばその場での会話だけでなく、夜にお酒を飲むなど深い仲になることもあります。 このように旅先では、何が起こるか分からないからこそ楽しいという面があります。